ワルイナミダ統括本部長・児島の、Yシャツネクタイ(人への礼儀・凛として生きる姿)とボクサーパンツ(内面の吐露・思い出にすがる自分)の、相克の歴史。
by thewaruinamida
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


<   2007年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

音楽を創るのは誰だ?

最近、ひょんなことから自分たちの楽曲をサイトに登録する機会があって。

その時にどうしても避けられなくなるのが、「作詞:」「作曲:」という項目、だ。

この概念って、いまいち俺にはよく分からなくて。

ま、前者はよしとしよう。
今のところ我々のバンドで歌詞を書いているのは、俺一人だから。
(誰かが「俺歌詞書くよ」と言い出したら、ものすごい興味深いことだし、是非やってほしいが)

問題は後者、である。

歌中心のバンド、とか、一人でデモを持っていく、とかいうバンドであるなら
まだしも、我々のバンドは、

「きっかけとなるフレーズやコードやメロを誰かが持っていって、バンドで合わせながら
作っていく」

というスタイルであるからだ。

こういうスタイルの場合、この部分は誰が作って、ここは誰で、下手すると、
「あれ、ここ誰だっけ?」という事態になりかねない。
非常に流動的なスタイルだと言うことである。

で、現状で言うと、きっかけとか、最終的な曲の全体像の判断、とかは、ほぼ俺だ。

まあ、歌詞を書くからね。
きっかけ~全体像イメージ~歌詞イメージ、という一連の作業は連なりやすい。

ただ、その一部始終で、「おお、予想外のフレーズ!そしたらここはこうして…」
的な、軌道変更も頻繁にある。大小問わず。
それによって、曲全体のイメージが変わってしまうこともしばしばだ。

それを呼び起こしているのは誰かと言うと、俺以外のメンバーが何気なく弾くフレーズ
だったりする。
それがあると、俄然燃える。

というか、それが無かったことは、おそらくほとんどない。
無かった場合、逆に不安になって、できかけの曲を消してしまうかもしれない。
それだけ自分たちにとって、「バンドで合わせる」と言う行為は、重要なもので、不可欠である。

だから、「作曲:」という定義が、俺にはあまりよく分からないのだ。
「編曲:」に至っては、何をかいわんや、どんだけぇ~、である。


さらに突っ込んで、誤解を恐れずに言うと。

万に一つ、その作業が俺一人で完結するにしてもだ。
俺がwaruinamidaで新曲を作ろうか、と思い立った時、
どうしてもイメージの節々に、「このフレーズをごくごく一般的な(これも変な定義だけど)
音でやったらこうなるだろうな、ただ自分らの音じゃこうだろうな」っていうのは出てくる。

すなわち、どれだけ一人でやったとしても、
バンド固有の音を具体的にイメージしないと、曲作りは出来ないわけで。
それはすごく「バンドメンバー」に依存している行為で、一人ではなしえないわけで。


そんな程度のか細いものなのに、「うわっはは、俺は作曲者だ、何かを発信しているのだ、どうでえ」と、えらそうにしているのは、果たしていかがなもんなのかなあ、と思うのである。
場合によっちゃ印税までそいつが独占してしまう、という寸法なのだから、こいつぁー一大事。

世のバンドの皆さんは、その辺りどうなのであろうか。
同じような曲作りをしているバンドは、たくさん居ると思うけれど。
バランスはどのような感じなんだろうか。
あと、「独裁バンド」ってのにも興味がある。
どの程度「独裁」しているのか?
まさか、自分で曲作ってポーンと持ってって、それをバンドに渡す程度のことを
「独裁」と呼んでいるのではあるまい?
疑問はつきない。

曲と言うのは至極、よくわからんもんだ。
[PR]
by thewaruinamida | 2007-06-28 02:11

気が浮かないのは

e0040219_3321229.jpg

久々にバンド練が無い土日。

なんだかどこへ出かける気も起きなかったので。

昔買ったリズムシンセが貸してた人から帰って来たので弄っていた。

これの最も面白いところは、

自分で何をしてるかよく分からないのにそれなりに面白い

という事である。

独りでキャッキャとボタンをいじったり、YMOのようなキャッチーなリズムを作って遊んだ。

そして、ドラクエ4はクリアした。

ライブにも行かず、練習もせず、人にも会わない土日は久しぶりで、それなりに楽しかったが、やはり慚愧の念が絶えない。


来週からはそれなりにいい週末を過ごそう。


ちなみに木曜に見たドブロクが、またいい感じの間で歌を紡ぎ出していた、ということだけ。
[PR]
by thewaruinamida | 2007-06-26 03:32 | 言葉を放つ男/児島

なんとかクエストなんとか

更新途絶えました。失礼。

e0040219_9143372.jpg


写真は、自称占い師の電波な姉ちゃんと、四六時中水着で行動する露出狂に捕まる17歳の身寄りの
無い少年、である。


「水晶玉にアナタが伝説の勇者と出ているので、一緒に旅をしてください」

うーむ。
村人は、剣術や魔法の修行の前に、「怪しい人にはついていかない」と言うことを
教えたほうがいいのではなかろうか。
さらに心配なのが、17歳の少年の青い性、であるが。
これに関しては、公共の場であるため割愛。

とかく、大人の視点と言うのはひねているものである。
汚れっちまった悲しみに~♪
[PR]
by thewaruinamida | 2007-06-21 01:14

今更語るのも遅い気がするが

MYSPACE、である。

入って1ヶ月も経っていないが、基本的に俺はこういうものに目が無いので、
何かをする合間にMYSPACEをチェックするのがほぼ日課になってしまった。


このサイト、いわゆる「音楽メインのSNS」である。
mixiのメイン機能が「日記」だとしたら、こちらは「試聴」。

日記を見ながら人のプロフィールなどを回ることができるmixiに対して、
こちらはバンドの音源を試聴しながらプロフィールを回ることが出来る、という
寸法なのだ。


なのだが。
このSNSで最も驚くべきことは、

「相手が自分を全く知らなくても、当たり前のように皆がフレンド登録を申請し、そして当たり前のように了承される」

ということである。
もちろんmixiなどでも出来なくもないが、「マイミクは知ってる人限定でーす」とか、そういう断り書きを、
大概の人はつけて居たりして、なかなか上手くはいかない(する気もないが)。

音楽を媒体としているが故の特性とでも言うのか。
要は、「いいと思ったら友達になりゃいいじゃん」という論法である。

それを利用して、外国の超メジャーバンドなどが、恐らく会社の人間に
フレンド管理を委託して、登録していたりする。
ガンズは友達が200,000人以上居る。
そんな世界だ。


そういうわけで、俺は亡きJBと友達である。
デッケネとも友達である。
その一方、I thinkやATGCなど、リアルでの繋がりがあるバンド達も、勿論友達である。

こないだ、見知らぬ外人が無言で(ノーメッセージで申請が出来るのもまたシュールだ)
フレンド申請をしてきたので、よく分からないまま承諾して、とりあえず「Good Music :)」
とメッセージを送っておいた。


そもそも、俺は「普段ライブやって『かっこいいなー』と思ったバンドが居ても、なかなか
じっくり話す機会なんて無いから、そういうときmixiなんかあると便利なんだよなー」
とか思っていたクチなので(受身の人間関係なんすよほんとすいません)、
こういうシステムは結構ウェルカムだ。

そして、試聴しながらのプロフィール回りは、結構ハマる。
最近は、Youtubeに加えて、myspaceが趣味である。
我ながら、糞だ。



6月は、憂鬱である。
誕生日月間なのに…
ああ、何かスカッとすることがしたい。
[PR]
by thewaruinamida | 2007-06-12 00:34

SLAVE TO THE GRIND

店員の不見識さから来る、あまりのコストパフォーマンスゆえ、
誰もが一度は経験するだろう、「ブックオフ/ゲオCD買い」。
久々にやりました。


ちなみに俺の先週は、永ちゃんとガンズに夢中になるという、ひとりスタジアムロックな1週間だった。
Geoで見つけたこれのおかげで、正反対の1週間になるか?

e0040219_4443770.jpg


ただ、

e0040219_4445019.jpg


これも見つけてしまったので、来週の俺の頭の中では、
湾岸戦争を凌ぐ、壮絶なせめぎ合いが行われそうな予感がする。

ちなみに、ラリー・グラハムと間違えてこんなものも買いました。

e0040219_445252.jpg


誰だこいつは。
[PR]
by thewaruinamida | 2007-06-11 04:36

最近

スポーツ新聞が、遼くん遼くんうるさい。

正直、同じ漢字を名前をもつものとして、溜まったもんではない。
6月の蒸し暑い気候に合わせて、過ごしづらいことこの上なし、である。

世界が「垂れ流す側」「乗っかる側」「乗っからない側」の三国鼎立で出来ているなら、
昨今の「垂れ流す側」の人海戦術は、目に余る。
去年辺りからなんぞ、開き直って、殆ど実績の無い選手まで紙面で猛プッシュする
始末だ。

そして、そんな
「遼くん、今日の調子は普通ぐらい☆何も書くこと無いわ、ウフッ」
みたいな瑣末な記事が、大概ヤフーニュースのトップに載っていたりする。
昼休みの俺は、納豆巻き片手にウンザリだ。


だいいち、あの漢字は人名漢字の中でも珍しいのだ。
電話で名前を言うとき、サンプルが「司馬遼太郎」ぐらいしかない。

俺に電話口で「ほら、あのゴルフの遼くんって居るじゃないですか。あの遼です」
とでも言えというのか?
婆ちゃんなんぞ「遼東半島の遼だがね」と言ってちっとも伝わらず、地図まで持ち出して
俺に遼東半島の場所を教えてくれたんだぞ?
舐めるなよ?


しかし、なんとなくだが、その一方で、「乗っからない側」の、情報に対するアレルギーも、
ここ数年肥大しているように見えてならない。

去年の有馬記念、あれだけ喧伝されたディープインパクトの最後のレースで、まさかの
観客減、とか、日本代表の試合も最近あまり視聴率が取れていなかったりとか、
ひずみは徐々に現れているようにも見える。

あと誰が居たっけ、フィギュアスケートの安藤→浅田とか、早稲田の斉藤とか、
神輿なんて探せばいくらでも出てくる、って事を、そろそろ「大衆」レベルの大人数
が共通認識として持ちつつある。

もう一年も経てば、もっと溝は深まるんだろうな。
それはとても大きなエネルギーの衝突になる。
飽和点はもうすぐそこである。

いっそ暴動でも起きればいい。
そのときも俺はただ、納豆巻きを食って、ヌルッとやっているだけである。
[PR]
by thewaruinamida | 2007-06-06 20:31

夢見の悪さも少しは解消されるぐらいの

スカッとするライブを、WALLでやってきた。

終わった後なので白状するけども、前日まで風邪で熱を出していたので、
この日は朝から汗ダクダク、であった。
WALLに着いたのが19時半くらい。
BAD ATTACK見てテンション上げて(正確にはBAD ATTACK音出しの
CLASH CITY ROCKERSから既にテンションは上がっていた。ほんと、
手癖のように有名曲のフレーズが出てくるなーあの人)、燃えに燃えた。

で、本番。
俺は、アルコールで濡らしたちり紙のように燃えた。
何度も何度も。
殆ど覚えてない。
だって、ちり紙が燃える過程を自分で覚えていたら気色悪いでしょうが。

打ち上げでは、すっかり馴染みになったマツダセイコ姉さんと熱い話をする。
後追い自殺やヌキザワの面々も、熱い連中だ。(翌日ぐったりしてライブいけませんでした、
ほんとすまぬ!)
ノムさんにはインディアンデスロックを掛けられた。
酔っ払った俺はWALLのフロアーをぴょんぴょん跳ねた。

ほんとうに、子供の遊び場のような打ち上げだった。
中学でちょっと頭いいところ行ってしまったから、長い間そういうものとは
無縁だったような気がする。
年相応の「大人の遊び」なんて、やっぱりつまらねえな、と思った。

やっぱり、遊びは子供のものである。
あの場には、いい年したガキンチョしかいなかった。
Good Times Bad Times,You know I had my share.

そして結局最後は、最早こっちのブログの住人にしても良かろう、某"市ヶ谷の悩めるブルーガイ"と
一夜をともにしたのである。

こうして俺の手には、またもや日常がやってくるのである。
[PR]
by thewaruinamida | 2007-06-04 01:56

よっしゃー

今日は21:00から初台WALLです!

よろしく!
e0040219_1141012.gif

[PR]
by thewaruinamida | 2007-06-01 11:41