ワルイナミダ統括本部長・児島の、Yシャツネクタイ(人への礼儀・凛として生きる姿)とボクサーパンツ(内面の吐露・思い出にすがる自分)の、相克の歴史。
by thewaruinamida


<   2005年 11月 ( 15 )   > この月の画像一覧

午前四時

バンドの話ばっかり書いてますけど、たまには生活の話を。

と言っても、無類の生活下手、を誇る僕は、オフタイムの過ごし方が上手くありません。
ドラムの方に「お前は一人っ子なのに一人下手だねえ」と形容されたように、家に居る時、ハイゆっくりするー、ハイ掃除とか洗濯とかするー、ハイ課題とかやるー、と言ったような気持ちの切り替えがあんまし上手くない。

何か考え事をしつつダラダラしてたら、ミクシイ延々と見ちゃったりとか、テレビザッピングしてたりとか、突拍子も無く曲のアイデアが浮かんできてギター片手に色々悶絶したりとか。

最近は訳あってバイトもしてないんで金もないし…
淋しい…

下北沢周辺在住の方々、お暇な時は飲みにでも誘ってやってください。
小躍りして喜びます。
金は無いけど。
[PR]
by thewaruinamida | 2005-11-27 04:48

今日の

練習楽しかった。久々にテンション上がった。

けっこう本能で動けたりもするんだけど、本能で動くとどうもコミカルになってしまう気がしてライブでは封印していたのです。

ライブはかっこつけてなんぼだと思っているので。

でもメンバーからGOサインが出たので徐々に試してみます。

笑わんでね。
[PR]
by thewaruinamida | 2005-11-26 02:34

ふんが

20000VのGAKIDEKA企画、面白かった。
打ち上げにも若干同席させていただきお世話になる一方でございます。

片やCLUB251に向けて新曲の方もほぼ仕上がっております。
歌よりもギターリフとかバンド全体のノリの方が最近早く思いつくので、後手後手に回る癖が。

韻律・意味・情感。
詞を形作る3要素です。
韻律とはリズム、発音の心地よさ。
意味とは読んで字の如く、伝えたい事。
情感とは、意味とはまた別に、文字が頭の中に入ったときに直感的に思われる感情や景色や色々な事。

特に3つ目が、英語詞では絶対に出来ない事だ、と思っとるわけだ。
よく読んだら意味は全然通じてないのに、何かノスタルジックになったり、色んな感情を呼び起こされたりする歌詞ってあるでしょ?
そういうものを含めて拮抗させて行くのが、歌詞を書くって言う事かなーと。
勿論バランスが取れていればいいという問題でもなくて、韻律が図抜けてなきゃいけない曲もあれば、意味・情感が…っていう曲もある。
そこは「表現における中庸とは何か?」という話になってくるんですが。
また後日。後日といって話した試しは無い。

俺は理屈っぽいんですね。要するに。
[PR]
by thewaruinamida | 2005-11-25 05:17

あいたい!あいたい!あいたい!

俺もインテルとか載せてえなあ…
[PR]
by thewaruinamida | 2005-11-22 00:48

あー

誰か俺んちに旨い飯作りに来てくれませんかね?

コンビニ飯、カップ焼きそば、ラーメン…

飽きたぁぁぁぁ
[PR]
by thewaruinamida | 2005-11-19 23:10

ごほごほ

僕は前回の投稿で体調管理の重要性について述べていたわけですが、

べつにそれから体調管理を怠った記憶はさらさらないわけですが、

何故か最近、慢性的に熱っぽくて咳が出て鼻水が出ます。

まぁこれはいわゆる世間一般の人が風邪と呼ぶ症状ですな。


やっぱり運動不足かしらん・・・。
[PR]
by thewaruinamida | 2005-11-17 19:39

ぐわんぐわん

スパッ。シューッ。ドクドクドクッ。ダーッ。うおおおおおおお!ぐわんぐわん。

効果音で言うとなんかそうなっちゃうような曲を作りたいなと。

剃刀のように心の奥底に入り込みかき回してむっちゃくちゃにして去るようなよう!

と言いつつ最近の食事はほぼペヤング一辺倒なのでちょっと栄養失調気味。

笑う笑う、笑えない!笑う笑う、笑えない!
[PR]
by thewaruinamida | 2005-11-16 01:26

内海君は

ちゃんと自分の書いたブログのコメント欄をチェックしてね☆

愛知県って言うのは、ロックシーンの存在しない土地、であります。
例えば福岡や北海道が、日本オルタナっていうシーンに於いて独自の存在感を持っている(ナンバーガールだったりパニックスマイルだったり、カウパァズだったりブラッドサースティブッチャーズだったりね)のに対し、名古屋というのは、その「都会へのコンプレックスから内弁慶で逃げる」という誠実さを欠いた田舎者気質のため(と僕は勝手に思っております)、独自の音作りをしていく土壌とかそういうのが全く持って、ない。
あるとしてもちょっとアメリカのパンクとかかじった猿真似バンドとか。
まあ突然変異的にブランキージェットシティーとか居たりもするけど、まあ音楽的土壌って言うのは皆無に近いかなあ、と思います。
*ちょっと話ずれるけど、あの辺のUSパンク・一時期のメロコア・エモみたいな音を出してるバンド達って何故同じようなバンドが固まって企画とかやったり「対バンもお客さんも皆大好きです、皆で頑張っていきましょう!拍手!」みたいな空気だったりするんだろうなあ。あれを自分は個人的に「日本パンク護送船団方式」と呼んでいる。いや、否定してる訳じゃなく。むげに上目線なのは自分の分析癖のせいです。

福岡の音楽情報サイトとか見るとその多種多様さにビックリしたりする。さかえとんな、と。
いいよね、めんたいロックとか向井秀徳チルドレンとかさ。

そんな中、ロック無き土地のロック少年だった僕が高校時代に聞いていたbloodthirsty butchers「未完成」をこないだ久しぶりに聞いて、非常に昔を懐かしんだ、という話。
どっかで試聴したんだよなあ、音楽の形態といい音といい歌といい、それまで聞いたこと無かったから最初よくわかんなかったんだよねえ。
でも「ファウスト」に惹かれたってのもあったし、何かよくわからんけど凄そうだってのもあったから金の無い中CD買ってね。
また他に聞くCD無いから懸命に作り手の意図を受け取ろうとして聞くわけです。
言葉とかもすごく覚えてて。「残された勘だけで放つ」「イウニキザンデコトヲカク」とか「自らを沈ませて、苦しさの反動でなんとなく押し返す」とか。
大学に進んで、歴史辿ったり色々考えながら音楽聴くようになったけども。
なんか今聴くと逆に新鮮だったり、純粋に昔を思い出したり、その不定形さに心を改めて打たれたりとか、しますなあ。
凄いなあこのバンド。
ライブ行きたいなあ。
[PR]
by thewaruinamida | 2005-11-14 02:37

今日も今日とて

俺はもう1年も前に俺がどんな気持ちで生きてたか忘れちまったよっ
なんて言いつつ
基本、昔の多感な時期の事を思い出しつつ曲を作る
歌詞を書く
でもやっぱり
1年前のような気持ちで生きる事は出来ないし
3年前ともなれば尚更だ
22年前ともなれば、そりゃあもう、ねえ。

俺は弱い男ですよ!
弱くて弱くてそれが嫌で、地団駄踏んでるエネルギーで頑張ってるようなもんですよ!

その辺誤解しちゃ嫌!
[PR]
by thewaruinamida | 2005-11-12 04:23

ひさしぶりでーす

ベースを買うかって気になってきた。

低音がちゃんと出て、ちょっと抜けがいいフェンダージャズベがよかたい♪

僕はかなり見た目を気にしてしまうので選ぶのに時間がかかる。

いま使ってるベースは八王子の島村の倉庫に眠ってた1本だった。

もう見た瞬間に、あ、これ買おうって思ったのでした。一目惚れ。

てなわけでまた運命の出会いを探してます。
[PR]
by thewaruinamida | 2005-11-10 17:25