ワルイナミダ統括本部長・児島の、Yシャツネクタイ(人への礼儀・凛として生きる姿)とボクサーパンツ(内面の吐露・思い出にすがる自分)の、相克の歴史。
by thewaruinamida
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31


カテゴリ:( 15 )

来た。

e0040219_17472094.jpg

e0040219_17472084.jpg

人混み無理過ぎる

やれんのか!
[PR]
by thewaruinamida | 2008-02-09 17:47 |

気が浮かないのは

e0040219_3321229.jpg

久々にバンド練が無い土日。

なんだかどこへ出かける気も起きなかったので。

昔買ったリズムシンセが貸してた人から帰って来たので弄っていた。

これの最も面白いところは、

自分で何をしてるかよく分からないのにそれなりに面白い

という事である。

独りでキャッキャとボタンをいじったり、YMOのようなキャッチーなリズムを作って遊んだ。

そして、ドラクエ4はクリアした。

ライブにも行かず、練習もせず、人にも会わない土日は久しぶりで、それなりに楽しかったが、やはり慚愧の念が絶えない。


来週からはそれなりにいい週末を過ごそう。


ちなみに木曜に見たドブロクが、またいい感じの間で歌を紡ぎ出していた、ということだけ。
[PR]
by thewaruinamida | 2007-06-26 03:32 |

まあ

e0040219_0441340.jpg

e0040219_0441348.jpg

e0040219_044139.jpg

楽しかったよね

誰にも負けない表現を志しつつ、楽しきゃ何でもよくなってしまうのが僕です。

でもロックって一面それが真実でしょう!
[PR]
by thewaruinamida | 2007-04-22 00:44 |

さあ

e0040219_12345598.jpg

出陣。

下北沢で七時に僕と会いましょう。
[PR]
by thewaruinamida | 2007-04-21 12:34 |

武蔵小杉は

e0040219_202582.jpg

平和です。

中学の友達の家があった、名古屋の緑区らへんを思い出す。


しょっちゅう入り浸っては、沢山どうでもいい話をした。

成績も大して良くなく、学校もたまにサボり、でも不良になる勇気もなく、家出とか喧嘩とかしてみる事も出来ず。

寄りどころの無いもの同士一緒にいた。

繊細ぶるのは互いに嫌いだが、要するに二人とも、世の中があんまり好きじゃなかった、と思うんだよな。

記録はないし記憶は曖昧だけれど、そこにはあまりに小さくて下らない、自分たちだけの王国があった。

それが美しい事なのかは知らない。

でも、あったのだ。

それが長くは続かない事を知るのは、もう少し後の事で。


思い出を食いつぶして、変わりに得られたのは何だ?
[PR]
by thewaruinamida | 2007-04-10 02:00 |

へへん

e0040219_1172452.jpg

次のSEはこれにしよっと

自分の表現はリアリズムでやって行きたいけど、「笑っちゃうほどかっこいい」って種類のかっこよさも、僕は好きです。

この人しかり、フレディマーキュリーしかり、ビアフラしかり、モリッシーしかり。

dvd見てニヤニヤしちゃうようなね。


所詮ロックンローラーなど、半ばピエロのような存在さ
[PR]
by thewaruinamida | 2007-04-05 01:17 |

e0040219_1375830.jpg

イギーポップdvd。

まあ、今となっては単なる爺さんだけど、別にいいか。


イギーポップしかり、ロバートプラント然り、ジョーストラマーもそうだったけども、若い頃あまりに儚いパフォーマンスを見せたロックスターのその後は、やっぱあまりパッとしない。

いい親父として、ひとまずつづける事に意義を見出して音を鳴らしつづけるか、若くして死ぬかだ。
ジョニーロットンに至っては語るに及ばず。

マイケルジャクソンとか、もう!

あーこの人いい老け方してんなーと思った人は、今んとこ一人。


ブライアンセッツァー。

若い頃のキャリアも、積み重ねたノウハウ・技量も、いい感じに包含して、新たな支持を獲得!

親父は親父だけどね。

往年のファンも、これならガッカリしないんだろうなあ。


まあ枯れた味ってのもあるけどさ。
[PR]
by thewaruinamida | 2007-04-04 01:37 |

e0040219_9391854.jpg

art blakey&the jazz messengersのライブ盤を聞きつつ。

いわゆるジャズ、詳しい事はよく知らない。知る気もない。ジャズマニアなんて沢山居るし、彼らに知識で勝とうとも思わない。


ただ、彼らが言うように、ジャズの演奏の中に、感性=音、の、即時的な邂逅があることは紛れもない事実だったりする。あと自由とか解放とか、だっけ。

そしてart blakeyはパンクロッカーである。
[PR]
by thewaruinamida | 2007-04-03 09:39 |

帰省。

e0040219_23592328.jpg

何度帰っても思うが、空港が出来ても相変わらずなにもない街だ。


ものの移り変わりが激しい東京に居ると、「新しいものが出てくる」という現象自体に飽きてしまうが、ここは正反対だ。

空港が出来ても廃れ続ける街。

また民家が駐車場になって…

変わらないことをいとおしく思うようになったのはいつからだ?
[PR]
by thewaruinamida | 2007-03-22 23:59 |

ども

e0040219_63841.jpg

お疲れさんっていうね。

いつまで続くだろう、こういう日々は。
[PR]
by thewaruinamida | 2007-03-17 06:38 |