ワルイナミダ統括本部長・児島の、Yシャツネクタイ(人への礼儀・凛として生きる姿)とボクサーパンツ(内面の吐露・思い出にすがる自分)の、相克の歴史。
by thewaruinamida
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31


2008年 03月 21日 ( 2 )

面白すぎたので転載

http://www.japanimprov.com/syamamoto/syamamotoj/archive/scum.html

<ギター、ベ一ス、ドラムス、シンセ、そしてヴォーカルの、どれひとつを聴いても、音程が合っているものが無い。つまり、全員、全くチューニングが出来ていないワケです。もう、モノスゴイ不快感と、それに続く快感。あれはそう、確かに、良質のノイズを聴いた時に感じる恍惚感に、非常に近いものがありました。まるでビート感というものが無く、これじゃあ猿の方が絶対に上手い、と断言できるドラマー。何か木や紙などをこすってるだけなんじゃないかと錯覚するほど、コードどころか、音がほとんど出せないギタリスト。何が憎いのか、親のカタキのごとく、ガンガン拳を弦にたたきつけるだけのベーシスト。全く、まわりの音とは無関係に、そして徹底的に無意味にジュワーというような脱力音を出し続けるシンセ。ヴォーカルは、それら猛烈な気狂い音の中に、これまた恐るべき無調な声で乱入、一気にトドメをさすといった有様。そして、このどう聴いても発狂ジャーマン・ノイズ・プログレにしか思えない曲が、最後の最後で、何とピストルズの「アナーキー・イン・ザ・UK」だと分ったときの衝撃! >

面白い
[PR]
by thewaruinamida | 2008-03-21 14:27

「言葉の意味はわからんが、とにかくすごい自信だ」

いわゆるハードコアってそういう感じだ


ちょっと久しぶりに、てんでバラバラなワードサラダ日記を書きます。



さて。
再び無二の友人の結婚式で歌を歌ったり、資格試験を受けたり、御徒町でトンカツを食い漁ったりしているまともな日々。

と言いつつ、セッションはよくしている。
これ買った。
初の歪みにして、大出費。
とはいえ、エフェクターこれ合わせて2つしかないんだけど。
ガンガンやっていきますよ。


最近、どうもツキが無い。
・原付に悪戯され、直したその翌日に駐禁で撤去される
・スノボ行こうとして走ってたら軽く車にぶつかる→大遅刻
・PCの動作を早くするソフト使ったら動かなくなる
・大家さんがキ○ガイだったことが判明、ポストに電波な文章のっけた紙を入れられる
・ひどく高価な落し物をする(言いたくないほど)
などなど。

自業自得もまあ込みで、大体年一ペースの「いくら俺がドジでも一点集中し過ぎだろクルルァ」
な時期が、今年もやって来た。

新年のおみくじは嘘だったんだろうか。
それとも俺がたるんでるだけなんだろうか。
おみくじも「頑張れば」報われます、だったしな。
気を引き締めて。


最近Measles Mumps Rubellaというバンドがすさまじく好きだ。
主にこれとDinosaur L,引き続きFishmansとMC5がローテーション。
しっかし、相変わらず曲名が覚えらんねえなあ自分。


「いつ何時、誰の挑戦でも受ける」


「今しかないぞ俺たちがやるのは!」


「いつ何時」と「今しかないぞ」どっちがいいんだろう。
例によって深く思うが、答えは出ず。



きっと君なんて奴は、「あいつは考えすぎて損してしまう」なんて言われちゃったりするんだろう。
でもきっとそれがいいところなんだぜ、君の。

5月3日、ワルイナミダ、やりますよ。
[PR]
by thewaruinamida | 2008-03-21 13:42