ワルイナミダ統括本部長・児島の、Yシャツネクタイ(人への礼儀・凛として生きる姿)とボクサーパンツ(内面の吐露・思い出にすがる自分)の、相克の歴史。
by thewaruinamida
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31


2007年 07月 25日 ( 1 )

プチ

同窓会があった。高校の。

以前も触れたとは思うが、うちの高校は非常にアナーキーな高校で、ここでは書けないようなシニカルでブラックな
遊びがとても流行っていた。
書ける範囲で言えば、ジャンケンで負けた奴が翌日オールバックにして学校に来る
「ジャンケン・オールバック」とか、クラスの中でガチホモの噂が流れていた(というか
そのネタでよくいじられていた)友達と手を繋いで運動場を一周する遊びとか…

修学旅行のときトランプの既存の遊びに飽きて、4人ぐらいでただひたすら「ウホッ」と言いながら
トランプを場に出していくだけ(「ウホッ」と言わなかったら負け)のゲームをやっていたりとか。
あまりに下らないが、その当時はそういうことで馬鹿笑いをしていた。

未だにその話は、周囲の人によくする。
(とくに「鎌でや」の話は滑り知らずである。知りたい人はご一報を)


まあしかしながら、スーツに結婚、仕事に彼女、皆さんいい具合に社会人生活を
エンジョイしていた。
社会人になって、昔の友達と集まると、一瞬で元に戻り、それが心地よくて、
結局リアルで一緒に居た時代よりもテンション高くしゃべり続けてしまう。
いい時間だ。

そろそろ結婚ラッシュな年頃だが、彼らの結婚式の時は、
フォークシンガー児島にでも変身しようかと思う。
あっ、リクエストは随時受付中ですので!
[PR]
by thewaruinamida | 2007-07-25 01:32