ワルイナミダ統括本部長・児島の、Yシャツネクタイ(人への礼儀・凛として生きる姿)とボクサーパンツ(内面の吐露・思い出にすがる自分)の、相克の歴史。
by thewaruinamida
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


2007年 06月 12日 ( 1 )

今更語るのも遅い気がするが

MYSPACE、である。

入って1ヶ月も経っていないが、基本的に俺はこういうものに目が無いので、
何かをする合間にMYSPACEをチェックするのがほぼ日課になってしまった。


このサイト、いわゆる「音楽メインのSNS」である。
mixiのメイン機能が「日記」だとしたら、こちらは「試聴」。

日記を見ながら人のプロフィールなどを回ることができるmixiに対して、
こちらはバンドの音源を試聴しながらプロフィールを回ることが出来る、という
寸法なのだ。


なのだが。
このSNSで最も驚くべきことは、

「相手が自分を全く知らなくても、当たり前のように皆がフレンド登録を申請し、そして当たり前のように了承される」

ということである。
もちろんmixiなどでも出来なくもないが、「マイミクは知ってる人限定でーす」とか、そういう断り書きを、
大概の人はつけて居たりして、なかなか上手くはいかない(する気もないが)。

音楽を媒体としているが故の特性とでも言うのか。
要は、「いいと思ったら友達になりゃいいじゃん」という論法である。

それを利用して、外国の超メジャーバンドなどが、恐らく会社の人間に
フレンド管理を委託して、登録していたりする。
ガンズは友達が200,000人以上居る。
そんな世界だ。


そういうわけで、俺は亡きJBと友達である。
デッケネとも友達である。
その一方、I thinkやATGCなど、リアルでの繋がりがあるバンド達も、勿論友達である。

こないだ、見知らぬ外人が無言で(ノーメッセージで申請が出来るのもまたシュールだ)
フレンド申請をしてきたので、よく分からないまま承諾して、とりあえず「Good Music :)」
とメッセージを送っておいた。


そもそも、俺は「普段ライブやって『かっこいいなー』と思ったバンドが居ても、なかなか
じっくり話す機会なんて無いから、そういうときmixiなんかあると便利なんだよなー」
とか思っていたクチなので(受身の人間関係なんすよほんとすいません)、
こういうシステムは結構ウェルカムだ。

そして、試聴しながらのプロフィール回りは、結構ハマる。
最近は、Youtubeに加えて、myspaceが趣味である。
我ながら、糞だ。



6月は、憂鬱である。
誕生日月間なのに…
ああ、何かスカッとすることがしたい。
[PR]
by thewaruinamida | 2007-06-12 00:34