ワルイナミダ統括本部長・児島の、Yシャツネクタイ(人への礼儀・凛として生きる姿)とボクサーパンツ(内面の吐露・思い出にすがる自分)の、相克の歴史。
by thewaruinamida
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31


2007年 05月 14日 ( 3 )

週末記/3

下から続く。

日曜。
昼まで就寝。

金曜に何故か壊れたシャワーの給湯を見てもらうと、とりあえず修理の業者を明日呼ぶ、とのこと。
ちなみに金曜は水シャワーを浴びて出社。


風呂に入らず、社会人とのセッションに参加。
グダグダする。
体が臭い。

さすがに銭湯を探さねば。
スペルマンズ企画にも顔を出せず、必死で銭湯を探す。
風呂に入る。
終了。

妙にエネルギーを使って、しかも人間的な週末。
疲れを取っているのか溜めているのか、どっちなんだろう。
などと言いつつ、午前4時。
明日はどっちだ。
[PR]
by thewaruinamida | 2007-05-14 04:04

週末記/2

下から続く。

土曜。
練習して、下北みん亭で生姜焼き定。
まんきつで時間を潰す。

お目当ては、OTHER MUSIC Vol.12@EARTHDOM。
金曜any for delightのあと、わざわざ大久保まで行って前売りを買ったぐらいのお目当て。

知ってる人が居るわ居るわ。
2年ぶりの再会・sextongaysの奴(未だに名前聞いてねー)、20000ワカタベさん、
HC4ハリヤ氏!

OCTOBER REVOLUTION。
メンバーが出てくる。
最後にHIKO氏がドラムに座る。
信じられないが、ほんとうにこの後コンマ0.5秒で、EARTHDOMは音の地獄と化すのだ。
着席から0.5秒で。
30分。
終了。
まるで何事も無かったかのようなEARTHDOM。
美しい。

増子真二(from DMBQ)+WATCHMAN。
メガホンに使うレシーバーとズラリと並んだエフェクターで、遊ぶ。遊ぶ。
客(sextongays)にレシーバー持たせる。
叫ばせる。
やりたい放題。

GRIND ORCHESTRA。
リズムアプローチの鬼!
噂には聞いていたが、ノラせる、卑猥な言葉を叫ぶ、踊る!
ギミック的な女性は今ひとつ腑に落ちないが、それでもいい。

ここから我々の"WAGH"工藤俊祐も参戦。
バーカウンターでオリジナルカクテル「プロレタリア音楽」「ファックオンザベンチ」を頼む。

遠藤ミチロウ&久土'n茶谷。
感電GIG以来のミチロウ。
言葉は言わずもがなだが、自ら奏でるアコースティックギターが、妙に優しい。
それがまた、心をえぐる違和感。
最後に「メシ食わせろ」。
アンコールを頑なに拒み、彼は去った。

KIRIHITO
このメンツで締めるのは彼らしか居ない。
「まあ、今日はライブハウスの中で、ウチが一番面白かったかなと思ってるんですけどね」
と早川氏、憎い!

殆ど記憶なし。
勿論踊り狂っていたからである。
WAGHも大満足。

まがいもなく、最深遠の夜。
まがいもなく、最深遠のライブハウス。
こんなイベントどこにもねえ。
[PR]
by thewaruinamida | 2007-05-14 03:52

週末記/1

金曜は新宿ACBにany for delightというバンドのライブを見に。

俺がまだこのバンドを始める前、コンビニのバイトをしていた時代に、ドラマーの人と
知り合ったのがきっかけで、何度か見ている。
ついに1st音源を発売するということで、レコ発イベントに。



自分のようなものが語るのもおこがましい話で、僭越なんだけど。

バンドの世界には、世渡りが上手いバンドと下手なバンドがいる、
と言うのは、ライブハウスでバンド活動を始めてだいぶ経ってから気づいたことなのだが。
このバンドは、明らかに後者に入る。(いや、ほんとすんません)


ドラマー氏は、前のバンドの時代を含めて、もう5年以上は活動している(たぶん)。
すっかり周りのバンドが年下になり、そんな中でようやく漕ぎつけたレコ発。
某ozk曰く(彼はany for delightの写真を一番良く撮っている)、
「もうここまでになると、タワレコとか置かれてても信用できない(笑)」

対バンのRetromaniAも、ずーっと前に一度だけ見た。
当時とは全く違う音楽性になっていて、俺はライブが終わった瞬間「今のバンドなんて名前?」
と聞いていたぐらいだ。

なんというか、歴史あり、である。


そういうバンドが放つ、決して器用では無いんだけど何だかずしりと来る言葉を染みこませつつ、
まだ俺がサークルで呑気にコピバンをしていた時代のことを思い出していた。


ライブハウス通いの習慣も無く、根暗でちょっとチャーミング(本人談)な高校生だった俺は、
コンビニでバイトをはじめ、先輩にライブに誘われるという、きわめてありがちなストーリーをもって、ライブハウスに足を運んだ。

で、当時彼が出ていたライブハウスは、20000Vとかサイクロンとか、そうした泥臭い
ライブハウスで、バンド自体も、今のようなメロディーの立った音楽ではなくて、
グランジ風味の、強烈にダークな音楽をやっていた。

対バンを見ても、「これって音楽なのか…?」みたいな人たちがわんさか。
そして客を見ると、猛烈にノッている!
しかも見たこと無いようなノリ方で!
おっかねえ!

そう、いわゆる「東京感」を俺が初めて感じたのは、まぎれもなくこのときである。


まーまさか、俺らがそのライブハウスでイベントなんかやって、皆で飲み明かしたりするなんて
思いもよらなかったわけだけど。
”音楽とは思えない様な”音楽には、理由があり、生き様がある、って事を知ったのは、これから大体4年くらい後のこと、である。




俺がコンビニバイトを辞めて何年も経つ。
俺もあの人も、そんなには変わってないように見える。
でも、俺もあの人も、たぶん色んな事を知って、学んで、感じてきたんだろうなあ、と思う。
少なくとも、背中には”それ”が乗っていた。

また見に行きます。
レコ発おめでとうございます。
[PR]
by thewaruinamida | 2007-05-14 03:18