ワルイナミダ統括本部長・児島の、Yシャツネクタイ(人への礼儀・凛として生きる姿)とボクサーパンツ(内面の吐露・思い出にすがる自分)の、相克の歴史。
by thewaruinamida


2005年 11月 25日 ( 1 )

ふんが

20000VのGAKIDEKA企画、面白かった。
打ち上げにも若干同席させていただきお世話になる一方でございます。

片やCLUB251に向けて新曲の方もほぼ仕上がっております。
歌よりもギターリフとかバンド全体のノリの方が最近早く思いつくので、後手後手に回る癖が。

韻律・意味・情感。
詞を形作る3要素です。
韻律とはリズム、発音の心地よさ。
意味とは読んで字の如く、伝えたい事。
情感とは、意味とはまた別に、文字が頭の中に入ったときに直感的に思われる感情や景色や色々な事。

特に3つ目が、英語詞では絶対に出来ない事だ、と思っとるわけだ。
よく読んだら意味は全然通じてないのに、何かノスタルジックになったり、色んな感情を呼び起こされたりする歌詞ってあるでしょ?
そういうものを含めて拮抗させて行くのが、歌詞を書くって言う事かなーと。
勿論バランスが取れていればいいという問題でもなくて、韻律が図抜けてなきゃいけない曲もあれば、意味・情感が…っていう曲もある。
そこは「表現における中庸とは何か?」という話になってくるんですが。
また後日。後日といって話した試しは無い。

俺は理屈っぽいんですね。要するに。
[PR]
by thewaruinamida | 2005-11-25 05:17