ワルイナミダ統括本部長・児島の、Yシャツネクタイ(人への礼儀・凛として生きる姿)とボクサーパンツ(内面の吐露・思い出にすがる自分)の、相克の歴史。
by thewaruinamida
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31


バカヤロウ、まだ始まっちゃいねえよ--週雑8・24Part1

▽さてさて、8月のライブも終わってちょっとひと段落ですね。

▽とは言いつつ、色々と練っております。企画のこと、10月に録る新しい音源のこと、新曲のことetc…

▽枕詞3に関しては、全バンドが決定するまで口をつぐもうかな、えへ。と今のところ思っております。色々と遅くなりそうだったら発表してしまいますけど。決定が遅かったので、チャッチャと動いて2ヶ月前には雁首揃えて発表する予定。他バンドの都合もあるので分かりませんが、目安としてはその辺です。
今発表していいのは、オープニングアクト:児島遼祐(the waruinamida)くらい。えへ。

▽季節の移り変わりの話をしてしまうと、マー涼しくなったこと。これから秋まで、何度か揺り返し、いわゆる残暑は来るんだろうけども、あれよあれよで夏も終わりなんですかね。今年は早いぜサマー!逢いたくなったときに君はここに居ない。

▽盆休みに掃除をしつつ、「キッズ・リターン」を見たもんで、ちょっと前に見た「ソナチネ」と合わせて北野熱がジワジワと上昇気味です。もともと映画そんなに見ないんだけど、なんてか、見終わった後に「ウーフ」ってなるような映画を見ると、いいよね。「ウーフ」っていうのはアレです、なんかこう、荘厳というか、厳粛な気持ちになるというか。独特ですよね、映画見た後の気持ちって。たぶん文字じゃアレなんで、会った人には「ウーフ」感を言い方で伝えます。

▽五輪。いろいろと幻想力のなくなる世の中で、五輪幻想に関してはそれなりに健在で、皆「そこそこ(あくまでそこそこ)」折り目を正して見てるなあと思う。その中で、「花火がCG」とか、「少数民族の子供の筈が実はその辺の子」「キレイだけど歌が下手な女の子が口パク、声はオケじゃなくて、歌が上手いけどブサイクな女の子の声」とか、相当なマグマを垂れ流してくれているあの国、やっぱりガチ。と思ったらもう終わるんだ。

▽山本昌すげーっす。憧れるっす。
[PR]
by thewaruinamida | 2008-08-24 23:19
<< 平気でおっぱい出しちゃうんだも... いつもと同じで、正しい奴は笑ってる >>