ワルイナミダ統括本部長・児島の、Yシャツネクタイ(人への礼儀・凛として生きる姿)とボクサーパンツ(内面の吐露・思い出にすがる自分)の、相克の歴史。
by thewaruinamida
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31


いつもと同じで、正しい奴は笑ってる

あーした、8/19Daisy Bar!

前口上「北京オリンピック、じゃじゃ馬グルーミンUP,ひびきさん、俺はもう、もう!もうもうもうもうもうもうもうもう(8カウント風にやってください)」バァーン

・覗き穴
・一昨昨日に笑えない雨が降った
・スイッチ
・Sittin' On The Hysteria
・大人になったら
・水際の少年

ただいま下北のまんきつ、日付が変わる前にこれて、もうなんだかやりたい放題ですね。
久々の下北は、Daisy Barという空気の成せる業なのかも知れないけど、ちょっと
違っていて。
語弊を恐れずに言えば、いわゆるハードコアな箱とは別な部分で、何か大切なものに
向き合わされた気分がする。
そして、そういう感覚がたぶんあるんじゃないかと思って、自分らは下北沢という土地を
諦めなかった、という部分はある。
まあその、無粋な話です、ライブハウス分類論になってしまうので。

どっちつかずなのかも知れないし、節操ないって言われたらそれはそれで反論の余地のないこと
だとは思うので、この辺で。

でも、楽しかった。
何に起因するのかはわからないけど、楽しかった。
またやりたいです。
そして、Daisy Barはやっぱり、面白い箱だと思った。バランス感覚というか、ハコが
ハコたる所以をきちんと消化しているハコというか。加藤氏はやっぱり、マッタリしつつも
器のでかいオッサンだと思った。

認めてくれる人がいるのは、すばらしいことだと思うし、その人たちのためって部分も
もちろんある。
でも、まずは俺たちは、自分のためにバンドをやるのだ。
その結果として人と繋がりたいのだ。
それ以外に求めるものは、正直そんなに無い。
いいことなのか、悪いことなのか。
もう、わからんね、これくらいになると。ハハ。

というわけで、ありがとうございました!
たぶんすぐは寝ないと思うけど、稲中とか読んで寝ます。
またお会いしましょう!
[PR]
by thewaruinamida | 2008-08-20 00:08
<< バカヤロウ、まだ始まっちゃいね... 流れを寸断して >>