ワルイナミダ統括本部長・児島の、Yシャツネクタイ(人への礼儀・凛として生きる姿)とボクサーパンツ(内面の吐露・思い出にすがる自分)の、相克の歴史。
by thewaruinamida
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30


君の産声が天使のラッパみたいに聞こえた--週末雑記7・28

▽さてここからは日常の話題。

▽金曜、移動の都合で仕事が早く終わる(これ自体意味不明な感もあるが)。ので、22時からの練習までの時間、下北ショッピングを楽しむ。

▽あまりビレッジバンガードとか好きじゃないんだが、行くと色々買ってしまう。「このゴムで煙草の箱とライターを留めよう!」みたいなゴムがあって、おお発想の転換だな、すげーなと思って買ったんだが、その時残り2本くらいになっててスカスカな煙草の箱にゴムをくくりつけると、「クシャッ」。潰れた。まあ当たり前の話ではある。こんなもん商品化すな!


e0040219_0443934.jpg


▽「のび太の結婚前夜」買った。これはもうとにかくマスターピース過ぎてヤバイ。しずかちゃんの父親の「とんでもない!君はぼくらに素晴らしい思い出を…」から始まる名演説はガチ。英語でやって欲しいくらい。単純に文章構成力として半端無いと思う。マジで。

▽そして、最早疑いようの無いマンガ生活。「一生休日」に原チャで行くという愚行を犯して、何の迷いも無く酒を飲んでしまったので、打ち上げに出ずにまんきつで酒を抜いて帰ることにした。

▽こないだ、うちのバンドのドラマーに対して、ひょんなことから「じゃじゃ馬グルーミンUP的に言うと『ひびきさん、俺はもう、もうッ!』って感じでやってもらえますか」みたいな例えをしてしまったので、「じゃじゃ馬グルーミンUP」一気読み。

▽ひびきさんのツンデレクラシックぶり、たづなちゃんの乙女心、駿平の五代裕作ばりのフニャ男ぶりに加熱する三角関係を前に、すっかり刺身の端になってしまった競馬!パトレイバーとかもそうだったけど、この人って人間関係の描き方が面白すぎて、主題が置いてけぼりになったりするんだよなあ。

▽やっぱり「ひびきさん、俺はもう、もう!」ってセリフいいよなあ。夢の中とか妄想でこのセリフ言うのまでは分かるけど、実際ひびきさんとやっちゃう場面でも言っててすげえキュンとなった。

▽まあその、すっかり伸び伸びして感じになってしまったので、ここらで締めます。30日21時からWALL、絶対来てくれよな!
[PR]
by thewaruinamida | 2008-07-29 01:03
<< 週末じゃないけど書く気になって... 少しくらい寂しくても、思い出が... >>