ワルイナミダ統括本部長・児島の、Yシャツネクタイ(人への礼儀・凛として生きる姿)とボクサーパンツ(内面の吐露・思い出にすがる自分)の、相克の歴史。
by thewaruinamida
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31


週末雑記6/29--Part2

▽つづき。

▽世の中には様々な「型」が溢れていて、皆どっかしら型に嵌っている。某アキバの事件で、容疑者があまりに型に嵌りすぎた、いわゆる「2ちゃんにざらに居そうなネットユーザー」だった為に、けっこうな数の共感者が出てきてしまっている。ある意味で、「何か得体の知れない人」でなく、「俺たちと同じ種類の奴」がものすごい犯罪をしてしまった、ということになる。世の中に犯罪の原因を求めるのとかダルいと思いつつ、妙な「世の中投影感」を呼び起こされてしまった。

▽上から目線で世の中を俯瞰しまくれるネット内と、必ずしも上から目線にはなれない自分の現実。これもまた「自己内相克」だ。


▽基本、「それはそれ、これはこれ」な世の中だが、自分は出来る限り物事を語りたい。興味を持ちたい。


▽「思考停止」は嫌いだが、「思考一時停止」は肝要だと思っている。

▽DVDプレーヤーで「停止」を押すと画面もろとも消えてしまうが、「一時停止」を押すとその時の状態が残っているように、「今自分はどこまでモノを考えたのか」を記憶しておくこと、だ。

▽「この部分は納得できたが、この部分は納得できない。そして、コレとコレとコレに関しては未だに納得できないが、とりあえずそこに関してはしょうがないと譲った」という過程を明らかにしておくこと。これは有用な「思考一時停止」である。

▽そして、似たような問題に直面した時に、それを思い出すこと。これが重要。

▽なんやらどっかの啓発本みたいになってしまいそうなので、今日もキュアーを聴いたということを記してお茶を濁しておく。


▽情緒的な、情熱的な、夏がまたやってくる。
[PR]
by thewaruinamida | 2008-06-29 22:42
<< この先は四次元の世界なんだって... 週末雑記6/29--Part1 >>