ワルイナミダ統括本部長・児島の、Yシャツネクタイ(人への礼儀・凛として生きる姿)とボクサーパンツ(内面の吐露・思い出にすがる自分)の、相克の歴史。
by thewaruinamida
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31


週末雑記6/29--Part1

▽6月が終わる。

▽急な話ですが、7/16水曜日にEARTHDOMでライブをします。もはや平日でも休日でもドンと来いだと。ダメな日はありますがね、ガンガン誘って下さい。

▽そして、夏だ。汗っかきなので、肉体的には夏は嫌いだが、精神的には情緒と情熱が混ざり合っていい季節だと思う。精神が肉体を超越するのにピッタリな季節。

▽ちょっと前の話だが、久々に友人に自分の性格についてガチダメ出しを喰らい、若干凹んだ。というのは自分の性格についての事ではなく、年々それにガチで踏み入ってくる人間が居なくなって来てると言う事にだ。

▽猪木的に言えば「オメエはそれでいいや」であり、要するに年々周囲の人間から放って置かれるようになってきてる、ということだ。(まあ昔からほっとかれてた節はあるが…)そして自分でも、ガンコな部分に拍車がかかってきているようにも思う。

▽そして、お分かりと思うが、だからと言って「性格を変えるか?」と言えば、変えないのである。

▽こうしてヒネクレ社会人、或いはガンコ親父は出来上がって行くのだろうか。

▽土曜は結婚式で甲府へ。前日結構な時間まで飲み、ほぼ2時間くらいの睡眠で五時起きの7時出発。笑いに満ちた、いい結婚式だったと思う。が、どうしても「アーメン」の一言で笑いがこみ上げてしまう世代の我々だった。

▽冠婚葬祭なんてのは、我々の世代からすると、それを題材にしたコントを死ぬほど見せられてきたわけで、感動していても、悲しんでいても、どこか心の奥底で「それをぶち壊す何か」を望んでしまう節はやっぱりあるのではなかろうか。
[PR]
by thewaruinamida | 2008-06-29 22:34
<< 週末雑記6/29--Part2 tough enough >>