ワルイナミダ統括本部長・児島の、Yシャツネクタイ(人への礼儀・凛として生きる姿)とボクサーパンツ(内面の吐露・思い出にすがる自分)の、相克の歴史。
by thewaruinamida
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31


mf

新しく何かを作ったって訳ではないんだが、

http://www.mf247.jp/?gr2_id=00000000000000000000000000596050

噂には聞いてた(つーか遅いんだと思うんだけど)某mf247に登録しまして。
上記ページで、waruinamidaの曲が無料DL出来ますよって。
これもしかし、一昨年の音源だからなあ。
再開したら作りますよ。ガチっと。


会社のアレで、スノボデビューした。
今まで誘われなかったり、誘われてもなんのかんので行かなかったり
して来たが、今年はハートで勝負。

もともと、運動神経は悪いが、それにしちゃ楽しかった。
身体的な痛みは、興奮状態だと忘れる。
ライブの時など、足の親指切って血がボトボト出てるのに気づかなかったりとか、
結構する。



Dinosaur L「Go Bang!」に結構嵌り気味。
友人のゲイに聞くと、ガラージと呼ばれるゲイカルチャー発祥の音楽
(もちろん色々と違いがあるらしいが、すごくザックリ言ってしまえばそう)
、に近い、らしい。
ハウスであり、2ステップであり、そういうところに繋がるんだそうな。

曰く「クロスオーバーで、ちょっとソウル入ってて、熱い」????
まあつかめる気がしたりしなかったり。
この定義からすると、「Go Bang!」もちょっと違ったり、まあ、ジャンルってのは
分からんもんです。
曰く、「Rock The Casbah」もガラージとか言われちゃったりするらしい。

「ガラージ的な捉え方が出来る音楽」なんて言われちゃうようなジャンルみたいなので、
まあ、何だってそうなるんでしょうな。
パンクとかハードコア、ポストなんたらも一緒。



もとから存在する区分けで音楽を区切るのは面白くないが、ただ、何の関係もなさそうな
音楽聴いて、「これある意味DCハードコア」とか言っちゃうのは、割と嫌いじゃなく。

むしろ、ライブハウスで見たバンドを「このバンドはね~、こういう感じ」という
その「こういう感じ」に、見た人のセンスとか、通ってきた音楽が現れると思っており、
そういうのは結構面白く聞く。そして俺も言ったりする。

ものには区切りはあるもんだ。
でも、あったら茶化したいし、並べ替えたいし、壊したい。

無くしたいか?と言われれば、そうでもない。
区切りがあったところで、根本的な部分は区切ることが出来ないし、
それを感じるのがいい音楽というもんだと思う。

音楽の芯の太さに甘えて、あえて区切ってみるのも、それはそれ。
楽しけりゃ、まあいいじゃない。
[PR]
by thewaruinamida | 2008-02-19 14:46
<< 新曲の歌詞をチラリと 空で嘘 >>