ワルイナミダ統括本部長・児島の、Yシャツネクタイ(人への礼儀・凛として生きる姿)とボクサーパンツ(内面の吐露・思い出にすがる自分)の、相克の歴史。
by thewaruinamida
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30


ファンタジー

ってのは、やはり世の中には重要な存在なのであって。

さっきビリビリだった筈のケンシロウのシャツが!
とか、
当たってない猪木の延髄斬りで、熊のような外人レスラーが!
とか、
このバンド、実は演奏下手糞じゃね?
とか、
チラチラ下を見ると思ったらモニター上に歌詞を書いたカンペが!
とか、
浴槽で死体となって発見、死因:心不全 警察の見解は「自殺」
とか、
午前3時に南青山のマンションを訪ねて死体を「発見」する「知人」
とか。

いい気持ちで生きるために、時にワレワレは素敵な嘘をつく、のであって。
信じるも崩すも、受けての感性しだいだったりして。
「リアル」なものを求めるとはいえ、感覚的に「リアル」なものが、必ずしも
事実的に「リアル」なのではないと言うこと、だってある。

愛されているけど浮気されているアナタ、とかもまあ、ファンタジーか。


特に何があった訳でもなく、むしろ昨日考えていたのは、黒い交際と「自殺」とか、
そっち系のファンタジーなんだけど。
何となく思った。


強引に結ぶが、ファンタジーって大事よ?
つまらん「事実」よりも、そっちの方がよっぽど「リアル」だったりするときもあるよ?

メルヘン日記ではあるが、いい気持ちで生きていきたい日記として。
仕事しマース。
[PR]
by thewaruinamida | 2008-01-29 10:07
<< どこまでも泳げる力と いつまで... 写真が… >>