ワルイナミダ統括本部長・児島の、Yシャツネクタイ(人への礼儀・凛として生きる姿)とボクサーパンツ(内面の吐露・思い出にすがる自分)の、相克の歴史。
by thewaruinamida
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30


覚めないうちに振り返っておく

1月19日。
10ヶ月ぶりにサークルに出た。
何故って、突然出たくなったので。

桑田佳祐のコピーバンド「児島遼祐」。
(笑)で済ませるなかれ、好きなミュージシャンのコピーをするのはとても
楽しいし面白いのだ。
真夜中のダンディー、She'll Be Tellin,東京、BLUE MONDAY,ヨイトマケの
唄(カバーオブカバー)、ハイウェイスター(カバーオブカバー)。
キャッチーながらも悲しさを伴う、内面世界を吐露したような曲たち、だったりする。
最後はまあ、今年もヨロシク的なおまけ。
孤独の太陽に入ってる曲は大概好きです(今回あんましやらなかったけど)

というか、久々のライブハウス出演だったんだな、これが。
リハから本番まで、ちょっとダウナー。一人になりたい病。
ま、1月はずっと病んでるんだけど。

そういえば、歌をちゃんと聞かせる感じのライブをしたのって、サークル時代
含めても数えるほどしかないなあ、と。

自己内では、まずまずかなあ。
いいところもダメなところもありつつ。
下の子には楽しくなってて欲しかったから、その辺もう一つか。
レスポンスあんま聞いてないので、受け手の評価は不明。

何にせよ、やれんのか的な何かがやれて、俺はなんだか楽しかった。
組んだ人やサークルスタッフの皆さんとか色々、ありがとうございました。
[PR]
by thewaruinamida | 2008-01-21 01:23
<< 覚めないうちに/2 半分割り切った昨日のこと >>