ワルイナミダ統括本部長・児島の、Yシャツネクタイ(人への礼儀・凛として生きる姿)とボクサーパンツ(内面の吐露・思い出にすがる自分)の、相克の歴史。
by thewaruinamida
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31


「勝負に勝つには気持ちやもん」・完結編(えらく長文)

そんなわけで、友人の結婚式(の、2次会)に行ってきたわけです。
いわゆる弾き語り初心者の、この1週間の練習の成果が出る、ってわけ。
割と面白い事の顛末になりましたので、時間ある人はぜひ最後まで読んでくださいな。
そして、最近では珍しく、「きれいな児島さん」のブログですので、閲覧注意。

12月1日土曜日
朝11時起床。
前日も練習漬けで、軽く疲れが残っている。

のびっぱだった髪を切る。
結婚式用に買った新しいYシャツを着る。
まずはそこから。だって、
勝負に勝つには気持ちやもん。

会場到着、16:10頃。
既にご夫婦の大学のオーケストラ部が音出し中。
ムッ、ちょっと豪勢な雰囲気だ…

それもそのはず、会場は溜池山王、「ANAインターコンチネンタルホテル」36Fの
「マンハッタンラウンジ」。
「インターコンチネンタル」で「マンハッタン」、最早そのような名前がつく場所で
催し物が行われること自体、発想にない。すげえ名前だ。

で、音出し。
なんか、ちゃんとした機材でやるのかと思ったら、同じフロアで他のパーティもあったり
するらしく、あまり大きな音が出せないらしい。
結構スタジオでリバーブとかバリバリにかけて、よーしお父さん新境地
開拓しちゃうぞー的な感じでやっていたので、リバーブも効かず、不安。
いろいろ注文をつけてみると、頑張ってはくれるのだが、イマイチ。
PA卓曰く、「うーん…音量セーブすると、割とこれが精一杯になっちゃうんですよね、
うちの機材だと」と、弱り顔。

そうこうしてるうちに、開場時間も過ぎてしまい、皆が入ってきている中で
軽くテンパりながらセッティングをしているPA卓の人と声出しながら注文つけてる
自分。
なんだろ、これ。
なんか、嫌だな。この自分。
すげえカッコ悪いな。
卓が悪い、とか自分に言い訳するのかな、この感じ。
こんなめでたい席に、何をつまらないことしてるんだろう、自分。
たりいな、自分。
うーん。

意を決した俺は、PAの人にこう言った。


「あのーすいません、散々セッティングしてもらって悪いんですけど、全部生音で
やろうと思うんですけど、いいっすか?(申し訳なさそうな笑いで)」


ということで。
自ら音頭をとった乾杯の後。
「僕からお二人に、1曲歌を贈ろうと思うんですが、マイク使ってやろうと思ってたんですが
急に気が変わりまして。全部生音でやりますので、皆さんなるべく近くで聞いてくださいねー!」

で、体ひとつとギター1本で新郎新婦と向かい合って。
というか、やっぱり時には、2次会参加者の間をギター弾きながら、移動しながら。
笑いと歓声の漏れる中を、力いっぱい歌ったんであります。

心を込めて花束を/サザンオールスターズ

軽く泣かせてやろうかなんて柄にも無いこと考えちゃったけども、やっぱりこっちのほうが
性にあってるな。

最後、一旦ギターが止まって「心を~(ジャーン)込めてー(ジャーン)花束をー(ジャーン)」
ってやるところがあったんだけど、案の定そこで終わりと思ったのか拍手が来たから、
「まだまだまだまだ!」って。楽しかった。

結論。
皆さん笑顔で、ほんとよかった。
こんなにいいイベントの、末席ながら一端に加えてもらえて、ほんとうに嬉しい限り。
散々直接言ったけど、お二人、結婚おめでとう、幸せにな!

無断掲載の写真たち。
e0040219_7384334.jpg
e0040219_7384821.jpg
e0040219_7385479.jpg



ちなみに、この後疲れとテンションで、終始奇声を発しながら参加した
麻雀大会は、未だかつてないほどの負けを喫しました、とさ。
「勝負に勝つには気持ちやもん」
うん、まさにその通り。
あーあ。
[PR]
by thewaruinamida | 2007-12-02 07:39
<< 森山直太朗について やる気の現れ。 >>