ワルイナミダ統括本部長・児島の、Yシャツネクタイ(人への礼儀・凛として生きる姿)とボクサーパンツ(内面の吐露・思い出にすがる自分)の、相克の歴史。
by thewaruinamida
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30


Burning(ブォーニング)

e0040219_9271954.jpg
e0040219_9283925.jpg
e0040219_9284646.jpg


【8月11日 初台WALL】
1.覗き穴
2.スイッチ
3.一昨昨日に笑えない雨が降った
4.大人になったら
5.22

OZK WORKSにて、写真が公開されております。
いつもながら、OZKに多謝!

バリバリバイク・一年半ぶりの復活&再長期休養企画。

ええっとだ。
バリバリとかハックとの思い出話をしようと思ったけれども、野暮ったいし、
語るほどのもんでもないからよした。

2005年3月22日(past live参照)に、この2バンドと知り合って。
彼らとは年も同じくらいで、同じように大きな音出して、何だか考えてる事も
似通っていた、ような気がする。

ような気がする、ってのは、別に彼らの家に行って寝泊りしたわけでもなく、
共有したものと言えば、たまにライブやったり、酒飲んだり、
企画に出たり、とか、それぐらいのもんだからだ。

たぶん、自分たちと共通しているところは、程よく他人に壁を作っていて、簡単に
他人のことは信用しなかったりして、暗くもなるし欝にもなるし、人には媚びたくないし、
でも軋轢(フリクションね、蛇足)は避けたいし、楽しくやりたいし、まあでも結局ライブやって酒飲めれば
全部オッケーで、その時だけは「いいんじゃねえの?」って気持ちになる
っていうところ、なんじゃないかなあと思う。

あくまで推測。
何故って、やっぱり俺らと彼らは違うから。
彼らと俺らも、違うから。
彼らと彼らも、違うから。


ま、こうやって色々と背景を並び立てることもダサくて恥ずかしいことだけど、
ひとしきり能書きを提示した上で、要はこれが言いたい。


楽しかったっす、ありがとう。


打ち上げ乾杯前のシモダ君のひとこと
「終わるなんて言葉、簡単に使うのは嫌いだから、まじでそゆこというの止めろ」
って、ほんと当たり前だよなァ。
当然の事実だけど、すごく爽快な気持ちになった。
またやるんだろうな、待ってる。まじで。

対バン全部かっこよかった。全部リンクする。まじで。

今週も日曜にはライブだ!
やるぞっ。
[PR]
by thewaruinamida | 2007-08-13 02:54
<< 更新途絶えてアレでしたが はるかな尾瀬 >>