ワルイナミダ統括本部長・児島の、Yシャツネクタイ(人への礼儀・凛として生きる姿)とボクサーパンツ(内面の吐露・思い出にすがる自分)の、相克の歴史。
by thewaruinamida
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31


武蔵

最近の趣味は、ドラムだ。

練習の合間に、うちのドラマーの汗だらけになったドラムセットを勝手に叩いてはや数年。
昨日は、ついに夜中に一人個人練を取ってまで、叩きに行った。

俺は手先が不器用である。

頭に浮かぶリズムは多種多様に渡るのだが、手が動かない。
手が動かないのに、頭には色々と浮かんでくる。
当然、ついていかない。
歯がゆい。

結局、単純なエイトビート(を基調にしたフレーズ)に戻る。
これならそこそこ叩ける。
しかし、エイトビートにも色々ある。
だから、手の動く範囲で、ノリを変えて楽しむのが最近の手法である。

ローリング・ストーンズのようなアレ!
ジェームス・ブラウンの、16なんだけどドッパンドッパンとしか叩かない奴!
80年代ニューウェーブの、8・16混在したファンキーなアレ!
ザ・フーのような奴!
ガンズアンドローゼズ!
技術はともかく、頭に曲が流れている中を、一人で演奏するのは気持ちのいいものである。
とどめに、クラッシュの「Tommy Gun」を叩こうとしたが、最初の「ババーン」までが
気持ちいいだけだった。
パンクビートとか、逆に無理である。

しかし、スタジオがあった武蔵新城は、一歩進めば東京とは思えないような、
うらぶれた場所だった。


e0040219_21562944.jpg

e0040219_2242683.jpg

e0040219_2245811.jpg
e0040219_21563865.jpg
e0040219_21564657.jpg


正直、俺はこういう雰囲気が好きだ。
なんとなく、東京の真ん中辺りは裏路地に怖さを感じてしまうけれど、これくらい寂れてると、
逆に親しみが持てる。
「駅前にサウナがある」と言うのは、地方都市のうらぶれた感じの代表格である。

「都会で一人」よりも、「裏町で一人」のほうが、孤独も暖かくて、俺は好きだ。

初夏の空気もあって、何かもの寂しく、センチメンタルになるような夜だった。
[PR]
by thewaruinamida | 2007-07-10 22:02
<< 週末と連休 やれますよ >>