ワルイナミダ統括本部長・児島の、Yシャツネクタイ(人への礼儀・凛として生きる姿)とボクサーパンツ(内面の吐露・思い出にすがる自分)の、相克の歴史。
by thewaruinamida
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


喧々諤々罵詈雑言

遅くなりましたが、東大gig、並びに下北DaisyBar、見てくれた人々、ありがとうございます。

東大GIGは出音がビックリするぐらい良くて、でも中音聞こえなくて、ちょっとメンバーは焦り気味だったようだ。


俺は中音に無頓着である。
何故って、生音と外音しか聴いてないからだ。
俺のモニターを誰が聞いてるのかと言うと、実は後ろのドラマーだったりする。


ピンボーカルにモニターは必要ないと思っているのは、俺だけなんだろうか?
「パンク精神」とか「ステージの外に出るからだ」とか、そういうアレじゃなくて。
だって、よっぽどのことがない限り、歌うのに十分な程度には聴こえるでしょ?

バンドの音全体が鳴っている中で、ボーカルって全体に合わせる必要はあっても、
個々の音達と、モニター聞かなきゃ分からない程度なほどの微細な違いを合わせる
必要はない気がするんだよな。
少なくとも俺は、そんなことする暇と神経があるなら、キチンと歌に向き合うとか、
心を込めて歌うとか、そういうことに使う。
まじで。

----------------------------------------------------------------------------------------------

DaisyBar。

一日二本なんて初だよなあと、ちょっと緊張しながら行ったら、皆のエネルギーが
通じ合って、猛烈な演奏に。
DaisyBar加藤氏曰く、「体が暖まってたのかも知れないけど、凄くアッパーでした」と。


対バンのテングインベーダーズと言うバンドが、かっこよかった。
「人間として色々、無い」奴が俺は好きである。
バックを支えているリズム隊の休符感覚も、俺を引き付けた。

俺は気持ちのいい休符が好きだ。

こう言うと、真逆のバンドやってるじゃねえか、と言われるかもしれない。
確かに、ウチのバンドは休符感覚が無い。
だが、皆が皆して休符感覚の無い演奏をする中、無理くり「ブレイク」という形で
音の切れ目を付け、その合間を縫って声を出すのは、非常に特殊な快感を
俺にもたらす。

他のバンドが
音音音休、音音音休、音休音音、音音休休
だとするならば、

ウチのバンドは、
音音音音音音音音音音音音音音音音音音音音音音音音音音音音音音音音音音音音音音

休ッ(ここでジャンプしてフワリと着地)

音音音音音音音音音音音音音音音音音音音音音音音音音音音音音音音音音音音音音音
である。

デジタルな考え方では図れないものが、バンドにはあるということである。
7月14日土曜日、またもDaisyBarでライブをします。
お楽しみに。



さて、明後日もライブします。
金曜21時~、場所は初台WALL!
おたのしみに。
[PR]
by thewaruinamida | 2007-05-30 20:22
<< よっしゃー BAD >>