ワルイナミダ統括本部長・児島の、Yシャツネクタイ(人への礼儀・凛として生きる姿)とボクサーパンツ(内面の吐露・思い出にすがる自分)の、相克の歴史。
by thewaruinamida
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30


e0040219_1375830.jpg

イギーポップdvd。

まあ、今となっては単なる爺さんだけど、別にいいか。


イギーポップしかり、ロバートプラント然り、ジョーストラマーもそうだったけども、若い頃あまりに儚いパフォーマンスを見せたロックスターのその後は、やっぱあまりパッとしない。

いい親父として、ひとまずつづける事に意義を見出して音を鳴らしつづけるか、若くして死ぬかだ。
ジョニーロットンに至っては語るに及ばず。

マイケルジャクソンとか、もう!

あーこの人いい老け方してんなーと思った人は、今んとこ一人。


ブライアンセッツァー。

若い頃のキャリアも、積み重ねたノウハウ・技量も、いい感じに包含して、新たな支持を獲得!

親父は親父だけどね。

往年のファンも、これならガッカリしないんだろうなあ。


まあ枯れた味ってのもあるけどさ。
[PR]
by thewaruinamida | 2007-04-04 01:37 | 言葉を放つ男/児島
<< へへん 朝 >>