ワルイナミダ統括本部長・児島の、Yシャツネクタイ(人への礼儀・凛として生きる姿)とボクサーパンツ(内面の吐露・思い出にすがる自分)の、相克の歴史。
by thewaruinamida
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30


3月

一年でもっとも「児島」という生物が、切ない気分になる季節がやってきております。
別れの季節ってやつですな。

18のときに東京に来て6年、なんか一層切なくなったのが、別れ、なんです。


まずは、質。
東京ってやっぱ、地縁みたいなの、薄いじゃないですか。
昨日まで毎日顔合わせてた相手が、いざ会わなくなると、携帯一本しか繋がる手段がなかったりとか。
「あーこれで皆も、沢山の人に埋もれて、分かんなくなっちゃうんだ」と思うと、
なんかとってもセンチメンタルになりますわな。


そして、そんな出会いと別れの量もこの街ではすごく多くて、何度も繰り返してるうちに、それに慣れきってしまいそうでね。

同じような出会い、同じような別れ。
別れ自体よりも、それを認識できなくなることのほうが、いつからか悲しくなった。
「ああ、あんな奴も居たっけ。でもまあ、いっか」
っていう現象。
なんだろうな、「大して悲しくない」って事のほうが、実はほんとに悲しいことなんだろうな。

ってね。



質的にも量的にも、東京の出会いと別れは、すごく無機質。
それを感じたとき、なんか俺は、歌ったり叫んだりしたくなるんす。
これは、いけないことなんだろうかね。


なわけで、明日はライブです。
高円寺20000Vで、19:30頃~が出番のようですよ。

出会いも別れも、轟音の中に吹き飛べ。
[PR]
by thewaruinamida | 2007-03-09 03:30
<< さて さーせん >>