ワルイナミダ統括本部長・児島の、Yシャツネクタイ(人への礼儀・凛として生きる姿)とボクサーパンツ(内面の吐露・思い出にすがる自分)の、相克の歴史。
by thewaruinamida
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30


詩しか書くことねえよ

窓辺に留まった虫の数だけ
窓辺に留まった僕の春には
とっても悲しい結末が
ああ、とっても悲しい結末が

蹴り飛ばす過去は薄暗く、そして
感じる未来は紅かった

浮かんで消えた情緒の兆しに
誰も彼もが始まらないまま
誰も彼もが始まらないまま
行き交う行き交う行き交う行き交う
とっても惨めな顔をして!

目尻の先っぽ、黒眼の真ん中
苦しみを消して悲しみを試して
「嬉しさ優しさ、覚悟の埋没?
知ったことではありませんよ」
と、今日も惨めな君が言う


当たり前だろ、当たり前だよ
こんな惨めな人々を前に
こんな惨めな僕の苛立ち
それでも惨めなあなたと僕は
とっても惨めに抱き合うんだろ


ああそうさ、抱き合えよ
抱き合えよ!!!
[PR]
by thewaruinamida | 2006-09-16 06:40
<< submission うにょん >>