ワルイナミダ統括本部長・児島の、Yシャツネクタイ(人への礼儀・凛として生きる姿)とボクサーパンツ(内面の吐露・思い出にすがる自分)の、相克の歴史。
by thewaruinamida
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30


やっぱり

バンドをやるって言うのは、音楽をやってると同時にパフォーマンスをすると言う事でもある、わけですわな。

なので、普段の音楽探訪において、「音」「言葉」のほかに「パフォーマンス」という要素がどうしても出てきて。

ただ、自分が長い間好きなバンドって全部揃ってるバンドが多いですけどね。

ZEPも、ATDIも、MC5もCLASHも皆そうだし。

音楽的にあんましよくなかったりするバンドでも何か躍動感のあるパフォーマンスをしてるとつい熱くなってしまう。

エンタメがあろうが無かろうが、生命の揺らめきとか、生のアドレナリンの迫力というか。

清志郎とか遠藤賢司とか、スパッと男を感じるパフォーマンスはやっぱ痺れるなあ、やばいなあと思います。

峯田和伸とか、何だかんだいって結構好きなんです。存在感抜群だと思いますし、ね。

登場するだけで人を痺れさすようなパフォーマンスをしたいもんですわ。
[PR]
by thewaruinamida | 2005-11-09 01:49
<< おうふ よっこらせっと >>